発熱したら

子どもが発熱したとき、どうすればいい? どんなことに気をつけたらいいの? いざというときの注意点と対処法をアドバイスします。

新型インフルエンザ・パンデミックに備える

甚大な被害が予想される新型インフルエンザ。その対策とは?

※当コンテンツの内容は2009年3月までにご監修いただいたものです。
新型インフルエンザの最新情報につきましては、国立感染症研究所または厚生労働省のウェブサイトをご覧下さい。

国立感染症研究所 新規ウインドウが開きます

厚生労働省 新規ウインドウが開きます

インフルエンザ・パンデミックとは?

新型インフルエンザやパンデミックが発生する過程を解説します。

新型インフルエンザが発生したら

どのような発生段階があり、どんな健康被害が想定されているのでしょうか?

インフルエンザ・パンデミックが発生したら

これまでにも世界の至るところでパンデミック発生の過去があります。

パンデミックへの対策

新型インフルエンザのワクチンと治療薬とはどのようなものがあるのでしょうか。

パンデミックへの社会的対策

国内でパンデミックが発生した場合、自治体や職場ではどう対処するのでしょうか?

個人でできるパンデミック対策

家庭や職場で取り組むインフルエンザ感染予防策についてご紹介します。

かぜとインフルエンザについて

区別しにくい2つの病気。違いを知って、きちんと対処しましょう。

かぜとインフルエンザの違い

症状や原因などの違いを、ドクターがわかりやすく紹介します。

かぜ

症状の変化に要注意。別の病気かもしれません。

インフルエンザ

早めに医療機関へ行くことが肝心。命にかかわる場合もあります。

手洗い・うがい

感染症予防の第一歩。手洗い・うがいの方法をご紹介します。

子どもの発熱チェック&ケア

症状の確認方法とケアの仕方を、ドクターがアドバイスします。

乳幼児の発熱

あわてずに、まずは体温や子どもの様子をしっかりみてみましょう。

熱さましとケア

解熱剤や坐薬の使い方、水分補給など、知っておきたい対処法です。

子どもの発熱を伴う病気

かぜ以外にも、いろいろな病気があります。症状と対処法をご紹介します。

かぜ

ウイルスが原因で起こる「かぜ症候群」。

インフルエンザ

どんどん周りにうつり、とつぜん高熱が出る。

急性気管支炎

かぜが悪化して、強いせきが続き、胸が痛くなる。

肺炎

肺の奥までウイルスが入り込んで炎症を起こす。

プール熱

熱が出て、目が赤くなる、プールでうつる病気。

扁桃炎

のどの奥がはれて高熱がでる。

中耳炎

熱が出て、目が赤くなる、プールでうつる病気。

急性副鼻腔炎(蓄膿症)

鼻水・鼻づまりが続いて、鼻の奥が炎症を起こす。

おたふくかぜ

ほっぺたがはれて、耳のうしろが大きくふくらむ。

はしか

熱のあと、体じゅうに赤いブツブツが出る「麻疹」。

風疹

三日でなおる「三日ばしか」は風疹の別名 。

水ぼうそう

一度かかれば、免疫ができてかかりにくい病気。

溶血性レンサ球菌咽頭炎

のどが真っ赤、そして舌がイチゴのようになることも。

手足口病

手や足、口の中に小さな水ぶくれができる。

食中毒

細菌が付いた食品により、激しい腹痛や下痢をおこす。

熱中症

熱い環境で体に熱がこもる。

子どもの発熱Q&A

急に子どもが発熱したときは、ついつい心配し過ぎてしまうものです。
子どもの発熱の性質や、対策法について、よくある質問をまとめました。

基礎編

発熱の目安や病院に連れて行くタイミングなどを解説します。

対策編

食事やお風呂など、家庭での対処法についてお答えしています。

このページの先頭へ