インフルエンザこのページを印刷する

「インフルエンザかな?」と思ったら、早めに医療機関へ! 症状や経過、薬、インフルエンザの型、かかったときの注意点などを解説します。

監修:岡部 信彦 (前 国立感染症研究所感染症情報センター長)

症状と経過

インフルエンザは全身の症状が強い

症状

インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症で、ウイルスは鼻やのど、気管支などを目指すかたちで感染します。症状としては、突然の38〜39℃を超える発熱と頭痛、関節痛、筋肉痛などに加え、鼻みず、のどの痛み、咳などの上気道炎症状がみられ、全身がだるいなどの全身症状が強いことが特徴です。流行期(我が国では例年11月〜4月)にこれらの症状がみられた場合はインフルエンザの可能性が高いと考えられます。

インフルエンザの報告症状例の年齢別割合

潜伏期間

ウイルスに感染してから症状が出てくるまでの潜伏期は、1日から5日(平均3日間)とされています。

かかってからの経過

大多数の人では約1週間で治ります。しかし乳幼児、高齢者、基礎疾患をもつ人では、気管支炎、肺炎などを併発したり基礎疾患の悪化を招いたりするなどして、最悪の場合死に至ることもあります。

インフルエンザによる死亡者数

このページの先頭へ

インフルエンザにかかったら

インフルエンザかな?と思ったら早めに医療機関へ

かかったとき、守ってほしいこと

  1. インフルエンザかな?と思うような症状が出たら、早めに医療機関を受診してアドバイスを受けましょう。
  2. 安静にして、休養をとりましょう。特に睡眠を十分にとることが大切です。
  3. 水分を十分に補給しましょう。お茶、ジュース、スープなど飲みたいもので結構です。
  4. 症状の変化には十分気をつけてください。薬を飲む飲まないにかかわらず、熱が出ているとき、その様子の変化には良く気をつけるようにしてください。

薬について

インフルエンザには抗生剤(抗菌薬)は効きません。しかし、インフルエンザにかかったことにより、他の細菌にも感染しやすくなり、このような細菌の感染による肺炎や気管支炎などの合併症に対する治療として、抗生剤(抗菌薬)を使用することがあります。抗インフルエンザウイルス薬は、インフルエンザの早い回復に効果的です。
それぞれの薬の効果は、ひとりひとりの症状や体調によっても異なります。正しい飲み方、飲んではいけない場合、副作用への注意などについて、医療機関や薬局できちんと説明を受けてください。また、処方する、しないは医師の判断となりますので、十分に医師に相談することが重要です。
なお、いわゆる「かぜ薬」といわれるものは、発熱や鼻汁、鼻づまりなどの症状をやわらげることはできますが、インフルエンザウイルスや細菌に直接効くものではありません。小児の解熱剤には、使用することによって急性脳症の原因となったり、脳症を悪化させるものがあります。解熱剤の使用は、かかりつけの医師や看護師、薬剤師などにあらかじめ相談しておくと良いでしょう。

このページの先頭へ

インフルエンザの型

インフルエンザで大きな流行を起こすのは「A型」と「B型」のウイルス

インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染でおこります。インフルエンザウイルスは、その構造の違いからA型、B型、C型の3つに大きく分けられます。流行を起こすのは主にA型とB型で、C型は余り大流行の元とはならないようです。

現在、ヒトの世界で広く流行しているのは、A/H1N1ウイルス(ソ連型)、A/H3N2ウイルス(香港型)、B型ウイルスの3種類で、ほぼ毎年その組み合わせは異なりますが、症状に大きな差はありません。

A/H1N1ウイルス(ソ連型)、A/H3N2ウイルス(香港型)、B型ウイルスは、その中でさらに細かい型に分類されています。
2006/7シーズンにおけるインフルエンザウイルスの分離状況(2006年第36週〜2007年第13週)

インフルエンザウイルスの種類が違うと1シーズンに2回以上かかることもある

原因となっているインフルエンザウイルスの種類によって、症状や治療、予防法が大きく変わることはありません。ただ、医師が処方する治療薬(抗インフルエンザウイルス薬)の種類はウイルスの型によって効果が異なることがあります。
また、1度インフルエンザにかかるとそのウイルスに対する免疫ができるので、そのシーズン中に同じインフルエンザウイルスにかかることはなくなります。しかしインフルエンザウイルスは3種類が同時に流行していることもあるので、1シーズン中に、ある一つの型にかかったあとに、今度は別の型にかかってしまう、ということあり得ることです。
なおインフルエンザのワクチンはあらかじめ3種類の型の混合されたものとなっています。

このページの先頭へ

新型インフルエンザ

鳥インフルエンザにも注意が必要な時代になってきました

人間の世界に入ってきた鳥インフルエンザ

鳥は鳥のインフルエンザウイルスに感染します。以前は、鳥のインフルエンザウイルスがヒト社会に直接入り込んでくることはない、と考えられていました。しかし1997年香港における鳥インフルエンザA/H5N1ウイルスの流行時に、 6名の死亡を含む18名の患者発生が確認され、鳥からヒトへ種を超えた直接の感染があり得ることが明らかになりました。
現在ニワトリなどの間で鳥インフルエンザA/H5N1が流行し、その影響を受けて、まれに人が感染しています(世界で300人ほど)。このウイルスが、ヒトの間でつぎつぎと感染を拡大している事実はこれまでのところないのですが、鳥のインフルエンザウイルスが自然界の中でヒトに感染しやすい形に変異、そして馴化することがあれば、ヒトにとって新らしいインフルエンザとして流行する可能性が危惧されているところです。

鳥インフルエンザへの感染が心配される場合

現在の日本において鳥インフルエンザウイルスH5N1感染を疑うのは、以下のような3つの条件にすべて当てはまる場合です。

  1. H5N1鳥インフルエンザが流行している地域にいる、またはその地域へ渡航または在住し、帰国後10日以内
  2. その地域で鳥(体液や排泄物も含む)またはH5N1鳥インフルエンザ感染の患者と密接な間隔で接触した
  3. 咳・痰・呼吸困難などの呼吸器症状、および発熱を有する

新型インフルエンザとは

「新型インフルエンザ」の定義

最近「新型インフルエンザ」という言葉をよく聞くようになりました。
厚生労働省の新型インフルエンザガイドラインでは、「過去数十年間にヒトが経験したことがないHAまたはNA亜型のウイルスがヒトの間で伝播して、インフルエンザの流行を起こした時、これを新型インフルエンザウイルスとよぶ。」と定義されています。
これを分かりやすく説明しますと、「ここ何十年のあいだ流行したことがないタイプのA型ウイルスが、新たに人から人へと流行したとき」に、新型インフルエンザと呼ぶことになります。

新型インフルエンザに変わることが心配されている「鳥インフルエンザ」

本来鳥インフルエンザウイルスは、ヒトへは感染しないと考えられていました。しかし現在までにいくつかの感染事例が報告されています。鳥インフルエンザウイルスに大量に暴露された場合には、鳥からヒトに感染しうると考えられるようになりました。 今のところ、鳥からヒトに感染したウイルスが、さらにヒトからヒトへ容易に感染することはありませんが、鳥インフルエンザウイルスが突然変異することによって、ヒトにとって新型インフルエンザとなり、ヒトの間での大流行の原因になるのではないかと心配されています。

新型インフルエンザの最新情報につきましては、国立感染症研究所または厚生労働省のウェブサイトをご覧下さい。

国立感染症研究所 新規ウインドウが開きます

厚生労働省 新規ウインドウが開きます

このページの先頭へ

インフルエンザの予防法

ワクチンで予防

ワクチン接種をうける

インフルエンザの科学的な予防法はワクチン接種です。流行前にワクチン接種を受けることで,発病を防いだり、かかっても軽くすませることができます。

いつワクチン接種をうけるか

地域によって、また年によって多少の差はありますが、日本のインフルエンザの流行は12月下旬から3月上旬が中心になりますので、遅くとも12月中には接種を済ませておくことをおすすめします。

ワクチンが効くまでの期間

個人差がありますが、ワクチン接種からその予防効果が現れるまでには2週間はかかります。

ワクチンは何ヵ月効くのか

個人差がありますが、ワクチンの効果は約5ヶ月ほど持続するとされています。 つまり11月はじめに接種すると、4月くらいまでは効果があると考えられます。

ワクチンは1回か2回か

わが国では、13歳未満では、およそ1〜4週間のあいだを置いて2回、13歳以上では1回または2回、65歳以上では1回接種が推奨されています。
13歳以上64歳以下の人は、1回か2回にするか迷うところですが、近年確実にインフルエンザにかかっていたり、前の年にインフルエンザの予防接種を受けている人は、1回接種でも追加免疫による十分な効果が得られると考えられます。2回接種をしたほうがより高い効き目が期待できることもあるので、接種回数が1回か2回かの最終的判断は、接種を受ける人の考えと、接種する医師の判断によりますので、接種の際には最近インフルンザにかかったことがあるかどうか、最近ワクチン接種を受けたことがあるかどうかとその時期、そして現在の体調などを含め担当医師とよく相談してください。

ワクチン以外の予防法

外出をひかえる

インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳(せき)、くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを、鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します(飛沫感染と呼ばれています)。インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や慢性疾患を持っている人、疲れていたり睡眠不足で調子が良くない人は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

加湿する

空気が乾燥すると、インフルエンザにかかりやすくなります。のどの粘膜の防御機能が低下するためですので、外出時にはマスクを利用したり、室内では加湿器などを使って適度な湿度(50〜60%)を保ちましょう。

休養と食事

十分に休養をとり、体力や抵抗力を高め、常日ごろからバランスのよい食事をとることも大切です。帰宅時のうがい、手洗いも、一般的な感染症の予防としておすすめします。

手洗いについて

手を洗うことは感染症予防の第一歩です。
手の洗い方についてアメリカ疾病対策センター(CDC)が推奨している方法をご紹介しますので、参考にしてください。

洗い方

  • 手をぬらし、液状、固型、または粉の石鹸を手につけます。
  • 両手をしっかりとこすり合わせ、石鹸を泡立て、その泡で手のすみずみまで残さずに洗ってください。
  • 微生物を取り除くには20秒間以上洗う必要があります。「ハッピーバースディ」の歌を2回歌うと、ちょうどそれくらいの時間になります。
  • 流水で手をよくすすぎます。
  • ペーパータオルか、ドライヤーで手を乾かします。
  • 蛇口を閉めて水を止めます。このとき、できれば使い終わったペーパータオルを使って蛇口を閉めてください。
    *石けんで手が荒れる人は、石けんを使わなくてもかまいません。でも石けんを使わないときでも、ハッピーバースデーを2回以上歌って、ていねいに手を洗ってください。

  • *手を洗えないときは、アルコール入りのウェットティッシュか、ジェルを使ってください。

うがいについて

手を洗ったら、つぎはうがいです。うがいは、口の中や、のどについた微生物を取り除くため、そして口の中を清浄にすることによって一定の効果があると考えられます。

うがいのしかた

  • 口に水を含み、そのまま口の中で強めに「クチュクチュ」として、はき出します。
  • 口に水を含み、上を向いて15秒くらい、なるべく、のどの奥まで水が入るように「ガラガラ」として、はき出します。
  • もう一度口に水を含み、上を向いて「ガラガラ」をくり返します。

マスクについて

インフルエンザにかぎらず、熱や咳(せき)などの症状のある人は、マスクを早めにつけてください。家族やお友達、周りの人へ病気をうつさないためにするやさしい気持ちの表れのマスクを「エチケットマスク、咳エチケット」などといいます。また冷たい空気が直接のどを刺激しないので、せきを軽減させる効果もあります。

他の人からインフルエンザをうつされないためにも、マスクはおすすめです。空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下して、インフルエンザにかかりやすくなりますが、マスクをすれば、適度な湿り気を保つことができます。

このページの先頭へ

監修者紹介

岡部 信彦(前 国立感染症研究所感染症情報センター長)
1971年東京慈恵会医科大学卒業。同大学小児科で研修後、帝京大学小児科助手、その後慈恵医大小児科助手。国立小児病院感染科、神奈川県衛生看護専門学校付属病院小児科などに勤務。1991年〜1994年、世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(フィリピン・マニラ市)伝染病疾患予防対策課課長。1994-1997年慈恵医大小児科助教授。1997年国立感染症研究所感染症情報センター・室長。2000年、同研究所感染症情報センター長。2012年、川崎市衛生研究所所長。

岡部 信彦先生

ご利用上の注意

  1. 当コンテンツの記載内容は、典型的なケースを想定したものです。実際のケースでは異なる場合がありますので、あくまで判断の目安とし、個別具体的な症状については、必ず医師にご相談下さい。
  2. 当コンテンツは、利用者自身の責任でご利用下さい。医療機関を受診するかどうかの最終的な判断は、利用者自身で行って下さい。
  3. 当コンテンツの内容に関するご質問や直接のご相談は、法律上の規制によりお受けできませんので、ご質問やご相談は、かかりつけ医へお願い致します。
  4. 当コンテンツの利用により、利用者に不都合、不利益が発生し、また利用者が損害を被った場合でも、当サイトは一切その責任を負いませんので予めご了承下さい。

体温と健康について、知識を深めましょう

体温は、ご家庭にある体温計で誰でも気軽に測れるもっとも身近な体調チェックの手段です。

検温方法

検温方法

ワキ、口、耳について、体温を測るときの正しい方法をそれぞれ解説します。 検温方法

体温の基礎知識

体温の基礎知識

平熱や発熱の仕組みなど、体温について学びましょう。 体温の基礎知識

体温計入門

このページの先頭へ