手洗い・うがいこのページを印刷する

かぜやインフルエンザを予防するためにも、手洗い・うがいの習慣をつけましょう。

監修:岡部 信彦 (前 国立感染症研究所感染症情報センター長)

手洗い・うがいイメージ

手洗いについて

手を洗うことは感染症の予防の第一歩です。手の洗い方はアメリカ疾病対策センター(CDC)が推奨している方法をご紹介しますので、参考にしてください。

手洗いのしかた 「手洗いのしかた」ダウンロード
手順:1 手をぬらす 手をぬらし、液状、固型、または粉の石鹸を手につけます。
手順2:すみずみまで20秒洗う 両手をしっかりこすり合わせ、石鹸を泡立て、その泡で手のすみずみまで残さずに洗ってください。 微生物を取り除くには20秒間以上洗う必要があります。「ハッピーバースディ」の歌を2回歌うと、ちょうどそれくらいの時間になります。
手順3:手をすすぐ 流水で手をよくすすぎます。
手順4:手を乾かす ペーパータオルか、ドライヤーで手を乾かします。
手順5:水を止める 蛇口を閉めて水を止めます。このとき、できれば使い終わったペーパータオルを使って蛇口を閉めてください。
※手を洗えないときは、アルコール入りのウェットティッシュか、ジェルを使ってください。

うがいについて

手を洗ったら、つぎはうがいです。うがいは、口の中や、のどについた微生物を取り除くため、そして口の中を清浄にすることによって一定の効果があると考えられます。

うがいのしかた 「うがいのしかた」ダウンロード
手順1:口の中をクチュクチュ 口に水を含み、そのまま口の中で強めに「クチュクチュ」として、はき出します。
手順2:「ガラガラ」を15秒 口に水を含み、上を向いて15秒くらい、なるべくのどの奥まで水が入るように「ガラガラ」として、はき出します。
手順3:くり返し「ガラガラ」もう一度口に水を含み、上を向いて「ガラガラ」をくり返します。

体温と健康について、知識を深めましょう

体温は、ご家庭にある体温計で誰でも気軽に測れるもっとも身近な体調チェックの手段です。

かぜとインフルエンザについて

かぜとインフルエンザについて

区別しにくい2つの病気。違いを知って、きちんと対処しましょう。 かぜとインフルエンザについて

検温方法

検温方法

平熱や発熱の仕組みなど、体温について学びましょう。 検温方法

体温計入門

このページの先頭へ