パンデミックへの対策このページを印刷する

新型インフルエンザのワクチンと治療薬とはどのようなものがあるのでしょうか。

監修:岡部 信彦 (前 国立感染症研究所感染症情報センター長)

1.ワクチン
新型インフルエンザワクチン(パンデミックワクチン)・プレパンデミックワクチン

新型インフルエンザ(パンデミック)ワクチンの開発と製造

現在使われているインフルエンザワクチンでは、新型インフルエンザへの効果は期待できません。新型インフルエンザのウイルスは、いままでにない亜型となるからです。新型インフルエンザに対する有効なワクチンの製造は、実際に新型インフルエンザウイルスが発生しなければできません。また、製造法も現在使われているワクチンとは異なる可能性があるので、この製造法について安全性、効果、ワクチンとしての量産性などについてあらかじめ確認をしておく必要があります。
しかしワクチンを作るには、ウイルスが発見されてから少なくとも6カ月はかかるので、ワクチンは、パンデミックの出現初期には間に合いません。製造期間の短縮、免疫効果の増加、安全性の向上などを求めて、新たなワクチン開発が、世界中で続けられています。

プレパンデミックワクチン

新型インフルエンザを引き起こすインフルエンザウイルスには、いくつかの候補が考えられますが、なかでもH5N1ウイルスによるパンデミックの可能性と危険性の高さを考えて、鳥インフルエンザH5N1ウイルスに対するワクチンの開発・製造、そして備蓄が世界ではじめられています。いわばパンデミック前段階ワクチン、という意味でプレパンデミックワクチンあるいはプロトタイプワクチンなどと呼ばれます。

日本ではこのワクチンの製造法が開発されたので、その効果、安全性に関する試験研究がすすめられる一方、H5N1によるパンデミックの突然の出現に備えて、2000万人分相当程度のワクチンの備蓄が行われています。

H5N1ウイルスによるパンデミックが出現したときは、少なくとも基礎的な免疫を早くつけるという意味でこの「プレパンデミックワクチン」を接種することが考えられていますが、その場合には、限られた備蓄量であるため、接種対象者の優先順位などが各国で議論されているところです。また、ワクチンを製造することが出来ない国への供与なども国際問題として検討されているところです。

このページの先頭へ

2.抗インフルエンザウイルス薬
抗インフルエンザ薬の備蓄

既存の抗インフルエンザ薬の効果

新型インフルエンザウイルスが発生していない現段階で実際の効果の確認は出来ませんが、いまわが国で多く使われている抗インフルエンザウイルス薬(オセルタミビル:タミフル、ザナミビル:リレンザなど)は、その作用機序からH3N1香港型、H1N1ソ連型インフルエンザウイルスに限らず,A型インフルエンザ全体に効果が期待されるので、WHOではその国の実情に応じた量の備蓄を勧めています。
また新たな抗インフルエンザウイルス薬の開発も進められています。

現在の抗インフルエンザ薬にも一定の効果が見込める

抗インフルエンザ薬の備蓄

新型インフルエンザの発生に備えて、政府や各都道府県では抗インフルエンザウイルス薬(オセルタミビル、ザナミビル)の備蓄を行っています。
治療用として、オセルタミビルを政府で1,050万人分、都道府県で1,050万人分、流通備蓄が400万人分の合計2,500万人分、ザナミビルを政府で135万人分がほぼ確保され、また発生初期段階の予防投与用として、政府でオセルタミビルを300万人分備蓄しています。
これは国民の25%が感染した場合として、初期段階の備蓄計画が行われたものですが、現在これを感染者40%程度までに対応できるよう、予算化が検討されているところです。

このページの先頭へ

監修者紹介

岡部 信彦(前 国立感染症研究所感染症情報センター長)
1971年東京慈恵会医科大学卒業。同大学小児科で研修後、帝京大学小児科助手、その後慈恵医大小児科助手。国立小児病院感染科医員、神奈川県衛生看護専門学校付属病院小児科部長。1991年〜1994年、世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(フィリピン・マニラ市)伝染病疾患予防対策課課長。1994-1997年慈恵医大小児科助教授。1997年国立感染症研究所感染症情報センター・室長。2000年、同研究所感染症情報センター長。2012年、川崎市衛生研究所所長。

岡部 信彦先生

岡部先生からのメッセージ

新型インフルエンザは、近い将来、かならず出現すると考えられています。人類が経験したことのないインフルエンザウイルスに会えば、だれも免疫による抵抗力を持っていないため、地球上の広い範囲で大流行し、大きな被害をもたらすおそれがあります。このような状態をインフルエンザ・パンデミックといいます。
インフルエンザ・パンデミックによる被害を最小限にするためには、国や自治体による対策を進めるほか、事業所や個人による感染予防対策、感染した人への適切な対応がとても大切になります。そのためにも、新型インフルエンザについての基本的な知識を身につけていただきたいと考えています。

体温と健康について、知識を深めましょう

体温は、ご家庭にある体温計で誰でも気軽に測れるもっとも身近な体調チェックの手段です。

かぜとインフルエンザについて

かぜとインフルエンザについて

区別しにくい2つの病気。違いを知って、きちんと対処しましょう。 かぜとインフルエンザについて

体温の基礎知識

体温の基礎知識

平熱や発熱の仕組みなど、体温について学びましょう。 体温の基礎知識

体温計入門

このページの先頭へ