体温と生活リズム

体温は年齢、性別、生活などと関わりがあります。ここでは、基礎的な体温のはなしをご紹介します。

体温の基礎知識

平熱や発熱の仕組みなど、体温について学びましょう。

37℃って発熱?

37℃は発熱の目安? いいえ。実はこれ、間違った常識なのです。

なぜ体温は37℃なのか?

人は、体温がほとんど変化しない「恒温動物」です。

平熱は、人によって違う?

平熱には個人差があります。子どもは高め、お年寄りは低めです。

体温は変動している?

体温は、常に一定ではありません。1日のうちでも変化します。

体温は、測る場所によって異なる?

体の温度は、部位によって違います。耳とワキでは「平熱」も異なります。

発熱のメカニズム

なぜ、熱が出るのでしょう。体の中では何が起きているのでしょう。

女性の体温(基礎体温)

毎日測定することで、カラダのリズムが見えてきます。

基礎体温を知ろう新規ウインドウが開きます

基礎体温を知って、測定をはじめれば、あなたのカラダのリズムが見えてきます。

基礎体温と妊娠新規ウインドウが開きます

基礎体温を把握すれば、排卵日が予測できる。基礎体温を妊娠準備に役立てよう。

基礎体温とカラダの悩み新規ウインドウが開きます

基礎体温を規則正しく測っていると、さまざまな女性特有の不調が見えてきます。

基礎体温を活用しよう新規ウインドウが開きます

基礎体温を上手に活用して、女性ならではの美容と健康に役立てましょう。

女性の健康アドバイス新規ウインドウが開きます

女性のカラダの悩みについて、健康について、栄養について、女性ドクターたちからのアドバイスを満載。

体温の不思議

体温を測ることは、自分の健康状態を知り、病気にそなえる最も身近な方法です。

体温の不思議

もっと体温のことを知って、健康な生活に役立てましょう。

乳幼児の体温

乳幼児の体温のしくみには、おとなと違うところが多くみられます。その違いをやさしく解説します。

乳幼児の体温の特徴

乳幼児の体温のどこが、おとなの体温と違うのでしょうか。

体温リズムについて

昼間は高く、夜は低い、人の体温リズムはいつできるのでしょうか。

乳幼児の正常体温

正常な体温と「発熱」。その境い目がどこにあるのか、気になりますね。

正しく体温を測るには

正しい体温の測り方を身につけて、体温を健康管理に役立てましょう。

新型インフルエンザについて

A-H1N1新型インフルエンザの性質と、それに対する乳幼児の注意点。

子どもの低体温

体温の低い子どもが増えているようです。その原因や対策を紹介します。

低体温児が増えている

遊ばない、落ち着きがない、カーッとなる。体温異常は、心身に影響します。

運動で低体温を改善

まずは運動。外で思い切り遊ばせると、体温異常に改善が見られました。

早起きして朝食をしっかり

食事も重要。とくに、朝食を毎日とることが大切です。

生活リズムを生体リズムに合わせよう

遅寝遅起きや睡眠不足も、子どもの心と体に悪影響を及ぼします。

【運動あそび】親子ふれあいブンブン体操

子どもの体力づくりと親子のコミュニケーションの機会になる体操をご紹介します。

【インタビュー】すこやかキッズを育てる「ふれあい体操」

「親子ふれあいブンブン体操」を提唱する前橋明先生(早稲田大学人間科学部教授)を取材させていただきました。

【リーフレット】食べて、動いて、よく寝よう pdf

生活リズムと体温の関係や、「親子ふれあい体操」などについてリーフレットにまとめました。

高齢者の体温

高齢者ならではの体温の性質とは?その傾向と体温からみた健康法をご紹介します。

高齢になったら、平熱を測りなおしましょう

加齢にともない低下するヒトの体温。原因はどこにあるのでしょうか。

1日の体温リズムも変わってくる

高齢者の体温リズムには特徴があり、眠りにも大きな影響をおよぼします。

体温調節機能が低下してくる

暑さや寒さに対しての反応も変化しています。注意すべき点とは?

病気になっても熱が出にくくなる

かぜやインフルエンザなど発熱を伴う病気にご用心。体温管理が大切です。

平熱の変化に適応するために

若いころと平熱が変わっていることがあります。この機会にチェックしませんか。

暑さ、寒さにうまく順応するために

高齢者に起こりやすい熱中症や低体温症を防ぐ対策方法をご紹介します。

変化する体温リズムに適応するために

健康を保つ体温リズムを作るには?朝・昼・夜のポイントをお教えします。

睡眠と体温

体温のコンディションを整えると、ぐっすり眠れる!?睡眠と体温の深い関係をご紹介します。

睡眠と体温

よく眠るための体温調節方法とは? 睡眠中、体温はどう変化している?

食事と学力、体温

テストの成績は、朝食や体温と関係があることをご存じですか?

食事と学力、体温

朝食の有無で、テストの成績に差が出る!?午前中の体温が低い夜型人間は、試験に弱い!?意外な関係に迫ります。

熱中症について

暑い季節は特に注意。熱中症を知って、しっかり備えましょう。

熱中症になりやすい人、
    なりにくい人(1 / 2 / 3)

注意が必要なのはどんな人?熱中症のタイプによってさまざまです。

熱中症の予防法と対策
    (1 / 2 / 3 / 4)

室内でも熱中症に注意!心掛けておきたいポイントをご紹介。

冷え性について

季節を問わず起こる冷え性。環境や生活改善から対策してみませんか。

「冷え性」はなぜおこるか?

低体温との違いは?「冷え」のメカニズム、その意外な事実とは?

冷え性対策 「衣」編

効果的に「冷え」を防ぐには?季節に応じて服装から冷え性を改善しましょう。

冷え性対策 「食」編

体を温める食べ物・冷やす食べ物、賢く選ぶことが体温管理につながります。

冷え性対策 「住」編

オフィスや家庭で注意したい室温管理。「外気温との差」には気をつけましょう。

その他の生活習慣と冷え性

運動に入浴、日常生活の中で冷え性を防ぐためのポイントを解説します。

うつと体温

近年増加しているうつ病は、睡眠障害をともなうことが多く、体内時計とも深く関係しています。

増え続ける「うつ」

いま増え続けている「うつ」って、どんな病気なのでしょうか。

睡眠障害が招く「うつ」と体温の変調

体内時計の変調による「うつ」とは。

正しい睡眠と体温リズムで「うつ」を予防

概日リズム睡眠障害による「うつ」にならないために。

ストレスと高体温

精神的ストレスで熱が出ることがあります。高い熱が出て病院に入院するようなケースもありますが、37℃を少し超える程度の軽い熱がずっと続くこともあります

ストレスによる高体温とは

炎症をともなわないストレス性の熱とは

心因性発熱かもしれないと思ったら

受診するときの注意点

心因性発熱と診断されたら

日常生活の心がまえと過ごしかた

身体活動と体温

身体活動と体温の関係

体温を維持する身体活動の役割

体温リズムと身体活動

体温リズムに合わせた生活の重要性

身体活動で体温をコントロールする

身体活動や生活習慣で体温リズムをととのえる

認知機能と体温

ご家族の負担の大きな認知症は体温や「睡眠ホルモン」といわれるメラトニン分泌のリズムの異常とともに起こります。

認知症患者さんに特徴的な体温

睡眠・覚醒リズム障害と体温について

本来の生活リズムを取り戻すために

認知症治療の助けになる生活リズム

このページの先頭へ