平熱の変化に適応するためにこのページを印刷する

若いころと平熱が変わっていることがあります。この機会にチェックしませんか。

監修:入來 正躬(山梨大学名誉教授)

65歳をすぎたら、平熱を測りなおしてみましょう。

高齢者の体温は若い人より約0.2℃低い

65歳以上の人は、50歳以下の人より0.2℃以上体温が低くなっています。若いころの経験をもとに、「私の平熱は36.7℃」などといっても、いまはもっと低くなっている可能性が高いのです。体温が高かった若いころの平熱を覚えていたのでは、発熱したとき、気づかなかったり、熱の程度を軽いと思ってしまう可能性があります。

平熱は、一つではない

体温は1日のうちで夜中や朝は低く、午後は高くというように変動しますから、時間帯ごとの平熱をおぼえておくことも大切です。

時間帯ごとの平熱について

1日4回体温を測り、時間帯ごとの平熱としておぼえておきましょう。

  1. 起床時
  2. 午前
  3. 午後
  • 食後すぐは体温が上がりますから、食前や食間に検温するのが適切です。
  • 平熱の測定は1日だけでなく、日を置いて何回か測ってみましょう。

季節ごとの平熱を測っておきましょう。

季節ごとに確認したい平熱

高齢者は、暑さ、寒さに対する反応が弱くなり、少しくらいの寒さや暑さには反応しないこともあります。このため寒いときは体温が低く、熱いときは高いところで安定してしまう傾向があります。
このため高齢者の場合、平熱は季節ごとに確認しておいたほうがいいでしょう。

グラフ:高齢者の体温調節の特徴

寒さへの反応

  • 筋肉を震わせて熱を生み出す反応
    →遅い、不十分、不正確
  • 皮膚血管を収縮させて体温を逃がさなくする反応
    →遅い、不十分、不正確
  • 身体深部の温度
    →下降しやすい

暑さへの反応

  • 汗をかいて熱を放散させる反応
    →遅い、不十分、不正確
  • 皮膚血管を拡張させて体温を逃がす反応
    →遅い、不十分
  • 身体深部の温度
    →上昇しやすい

冬は体温が低めに、夏は高めになる

監修者紹介

入來 正躬(山梨大学名誉教授)
1960年東京大学医学部大学院修了。フンボルト奨学生としてドイツ・マックスブランク心臓研究所に留学。山梨医科大学生理学教授、山梨県環境科学研究所長を経て、ひかりの里クリニック理事長・院長。

入來先生からのメッセージ

人は高齢になると、若かったころと比べて、いろいろな機能が衰えてきます。しかもその機能の衰えは一様ではなく、たとえば神経伝達速度の衰えは90歳でも10%程度しか低下しないのに対し、腎臓の機能は半分にまで低下します。
高齢者は、単なる「衰えた成人」ではなく、機能条件の変化にたくみに対応し、それなりに「健康に」生きている存在といえます。
体温調節においても、高齢者には普通の成人とはかなり異なった面があります。高齢者が健康な形で日常を過ごすために、その体温に関する知識を有効に活用していただければ幸いです。

入來 正躬先生

体温と健康について、知識を深めましょう

体温は、ご家庭にある体温計で誰でも気軽に測れるもっとも身近な体調チェックの手段です。

検温方法

体温測定の方法

ワキ、口、耳について、体温を測るときの正しい方法をそれぞれ解説します。 検温方法

検温表

検温表

検温結果の記録に便利なチェックシートをダウンロードできます。 検温表

体温計入門

このページの先頭へ