ストレスによる高体温とはこのページを印刷する

炎症をともなわないストレス性の熱とは

監修:岡孝和(九州大学大学院医学研究院 心身医学 准教授)

ストレス性には高熱タイプと微熱タイプがある

精神的ストレスで熱が出ることがあります。高い熱が出て病院に入院するようなケースもありますが、37℃を少し超える程度の軽い熱がずっと続くこともあります。

ストレス性には高熱タイプと微熱タイプがある (1)高熱が出る場合 精神活動(授業に出る、仕事をする、人に会う、極度に緊張する、けんかするなど)に伴って高熱が出ることがあります。病院でも、手術当日の朝、急に39℃の高熱がでたけれど、手術が中止と決まったらすぐ下がった、というようなことがあります。これは小児によくみられるタイプですぐ解熱しますが、ストレスの原因を解決しないと何度でも繰り返すことがあります。 (2)微熱が続く場合 残業が続く、介護で疲れ果てている、授業と部活の両立が難しいなど、慢性的なストレスが続いている状況や、いくつかのストレスが重なった状況で、37℃台の微熱程度の高体温が続くタイプで、働き盛りの成人によくみられます。微熱はしばしば頭痛、倦怠感などの身体症状を伴います。またストレスの原因が解決した後もしばらく続くことがあります。

ストレスによる熱は、かぜなどによる発熱とは起こりかたが違う

かぜなどによる発熱は炎症をともなう

かぜを引いたときの発熱は、ウイルス感染によって生じた炎症が信号となり、脳が交感神経と筋肉に命令して体温を上げ、ウイルスをやっつけやすくする反応です。この時の信号として働くのが、炎症性サイトカインとプロスタグランジンE2 (PGE2)とよばれる物質です。かぜを引いたときにのむ漢方薬の葛根湯はサイトカインの産生を抑えることで、また解熱薬はPGE2の産生を抑えることで解熱作用を発揮します。

ストレス性の熱には解熱剤が効かない

その一方で、精神的なストレス状況でも、ストレスに対処するために交感神経の働きが活発になり、体温が上がります。 両者は体温が上がるという点では同じですが、ストレス性の場合、サイトカインとPGE2は関与しないので、病院で血液検査をしても異常(炎症反応)はみられず、かぜ薬や解熱薬など炎症を抑える薬を飲んでも、熱は下がらないのです。ストレス性の熱の場合、かぜを引いたときの発熱とはメカニズムが違うので、ストレス性に生じた高体温状態を心因性“発熱”と呼ぶのは正しい表現とは言いがたいのですが、歴史的に、このように呼ばれています。私は「ストレス性高体温症」と呼ぶ方がよいと考えています。

ストレスによる熱は、かぜなどによる発熱とは起こりかたが違う

病院では「異常なし」と言われることも多い

お医者さんは、まず器質的疾患をさがす

発熱をともなう病気にはいろいろなものがあります。感染症、自己免疫疾患、悪性腫瘍などなど(体のどこかに悪い場所があるので「器質的疾患」といいます)。これらの病気は手遅れになると、命にかかわることがあるので、病院の先生は、器質的疾患がないか、画像検査(CTなど)をすることもあります。また血液検査をして炎症反応に特徴的なマーカーの有無を調べたり、甲状腺機能亢進症など代謝が亢進する病気でも体温が上がるので、これらのホルモンの値も調べるでしょう。このような検査を駆使しても異常が見られないときに、担当の先生は「何も異常がありません」と説明することがあります。担当の先生は、器質的疾患はないと説明することで患者さんを安心させようとしているのです。

炎症をともなわない発熱は原因がわかりにくい

しかしストレスによる高体温がある患者さんの中には、「ではこの熱はどこからくるのか?」、「このまま原因不明の病気で死んでしまうのではないか?」、「どうすれば熱が下がるのか?」と、逆に不安になる人も多いようです。前の項で説明したように、ストレス性の体温上昇は炎症を伴わない反応ですから、画像検査でも、血液検査でも異常は見つかりません。担当の先生が心因性発熱に関して経験豊富な人であれば、「異常はありません」と説明した後に、一言「何かストレスになるようなことを抱えていませんか?」とたずねてくれると思います。 炎症をともなわない発熱は原因がわかりにくい

監修者紹介

岡 孝和(九州大学大学院医学研究院 心身医学 准教授)
1996年九州大学大学院助手、1998-2002年ハーバード医科大学、2002年産業医科大学医学部講師、2008年より現職。

岡先生からのメッセージ

慢性的に過労状態が続くと微熱を生じる人がいます。また心理的なストレスによっても高い熱が出ることもあります。このような人は病院に行って検査を受けても異常がないといわれたり、解熱薬を飲んでも効かなかったりします。ストレスが原因で生じるこのような発熱についてお話します。

岡 孝和先生

体温と健康について、知識を深めましょう

体温は、ご家庭にある体温計で誰でも気軽に測れるもっとも身近な体調チェックの手段です。

検温方法

検温方法

ワキ、口、耳について、体温を測るときの正しい方法をそれぞれ解説します。 検温方法

検温表

検温表

検温結果の記録に便利なチェックシートをダウンロードできます。 検温表

体温計入門

このページの先頭へ