【インタビュー】すこやかキッズを育てる「ふれあい体操」このページを印刷する

「親子ふれあいブンブン体操」をご存じですか?この体操を提唱する前橋明先生(早稲田大学人間科学部教授)を取材させていただきました。
先生は、「親と子でも、大きなお兄さん・お姉さんと幼稚園・保育園児でも、いっしょに体を動かすことを続ければ、子どもたちは、夜は早い時間からぐっすり眠り、朝はおなかがすいて食事をしっかりとるようになるので、生活リズムを正しくたもつことができ、低体温などの体温異常にならないためにも有効」とおっしゃいます。

前橋 明先生

前橋 明(早稲田大学人間科学部 教授)
1977年南オレゴン州立大学卒業。倉敷市立短期大学教授、米国バーモント大学客員教授・ノーウィッジ大学客員教授等を経て、2003年4月から現職。医学博士(岡山大学医学部)。

すこやかキッズを育てる「ふれあい体操」

先生はどんな活動をされているのですか?

「親子ふれあいブンブン体操」という、親子で楽しんで体を動かせる体操を幼稚園、保育園などで教えています。幼稚園は毎週、だいたい午後1〜2時くらいのお迎えの時間に20分くらい時間をもらって、そこで何種目か紹介しています。家に帰って午後の運動に役立ててもらえればと思っています。子どもの体温がピークになる午後3〜4時の運動(遊び)は毎日の生体リズムを整える重要な時間帯ですので、その時間帯にうまく運動してもらえるように指導しています。
保育園でも午後4時半〜5時半のお迎えの時間に体操をしています。体温がピークになる午後3〜4時が親子遊びの重要な時間ですので、あえて5時半以降はしません。保育園はお迎えに来た順番で参加してもらっています。また、仕事で疲れているお母さんのために座ってできるふれあい体操も紹介しています。 中学校では体育授業、総合演習の時間をもらって、中学生と園外保育の幼稚園児、保育園児でふれあい体操をする企画もしています。他にはセミナーなどの講演会をしています。

「ふれあい体操」の活動で、どんな効果がありましたか?

中学生と園外保育の幼児のふれあい体操で、最初は「子どもと一緒に遊んでも楽しくないよ。」と嫌がっていた中学生が「いい経験になりました。」と楽しそうにしていました。
また、「幼児を喜ばせようと一生懸命に笑顔をつくっていたのに、私のほうが子どもに喜ばされていた。」という手紙や、「将来、自分に子どもができたら、今日のような遊びをしてやりたい。」という手紙をもらいました。
最近は、保育のために預けている親だけでなく、社交的な時間がほしいため、子どもを預けっぱなしという親もいます。長い間、子どもと親が離れていると、それに慣れてしまって親が子どもに対する愛情が維持できなくなるというケースがあります。
「親子ふれあいブンブン体操」は道具も広い場所も必要なく、ちょっとしたスペースでお互いの体重を貸し借りして、なんといってもお父さんやお母さんが自分のために遊んでくれるという、子どもを楽しい気持ちにさせるコミュニケーションの機会にもなります。

これからどのような活動に発展させたいのですか?

生活が遅寝遅起きで夜型化し、生体リズムが狂いを生じると、体温のリズムが普通より3〜4時間後ろへずれ込んだリズムになりやすくなります。

今の日本の子どもが抱えている学力低下、体力低下、心の問題といった様々な問題を解決・予防する方法のひとつとして、小さい頃からのふれあい体操が位置づけられるのではないかと考えております。
親と一緒に体操する子どもは心の居場所もあるし、体を動かすことで体力づくり、また想像力の育成にもつながると思います。将来、自分の子どもにふれあい体操をしてあげたいと手紙をくれた中学生がいましたが、これは子どものことを「可愛い」と感じる経験をもつという点で、少子化の歯止めにもなっていくと考えています。
そこで、「親子ふれあいブンブン体操」を全国的に広げるため、指導者を育成する講習会を開いています。これは日本の中でリーダー層(指導者)に子どもと関わる遊び、子どもに提供できる運動をよく知った人が入ることで、健康な子どもたちが増え、それが日本の土台づくりなると思うからです。
また、年に1度「すこやかキッズ支援全国セミナー」という子どもの健全育成を考えた研究者が集まったボランティアセミナーを開催しています。これは参加した親子に演劇などを通して、わかりやすく健康的な子育てを紹介したり、私がその年にやろうとしている企画を発表したりするイベントです。
子どもの育成に役に立つ情報がありますので、ぜひ興味ある人は参加してみてください。

体温と健康について、知識を深めましょう

体温は、ご家庭にある体温計で誰でも気軽に測れるもっとも身近な体調チェックの手段です。

検温方法

体温測定の方法

ワキ、口、耳について、体温を測るときの正しい方法をそれぞれ解説します。 検温方法

検温表

検温表

検温結果の記録に便利なチェックシートをダウンロードできます。 検温表

体温計入門

このページの先頭へ