子どもの低体温

最近、体温の低い子どもが増えているようです。どんな子どもが低体温なのか、どんな対策が必要か、専門家にうかがいました。
※ここでいう低体温児は35℃台の体温を示すこどもを指します。臨床医学の低体温の定義とは異なります。

低体温児が増えている

遊ばない、落ち着きがない、カーッとなる。体温異常は、心身に影響します。 低体温児が増えている

運動で低体温を改善

まずは運動。外で思い切り遊ばせると、体温異常に改善が見られました。 運動で低体温を改善

早起きして朝食をしっかり

食事も重要。とくに、朝食を毎日とることが大切です。 早起きして朝食をしっかり

生活リズムを生体リズムに合わせよう

遅寝遅起きや睡眠不足も、子どもの心と体に悪影響を及ぼします。生活リズムを生体リズムに合わせよう

親子ふれあいブンブン体操

子どもの体力づくりと親子のコミュニケーションの機会になる体操をご紹介します。【運動あそび】親子ふれあいブンブン体操

すこやかキッズを育てる「ふれあい体操」

「親子ふれあいブンブン体操」を提唱する前橋明先生(早稲田大学人間科学部教授)を取材させていただきました。 【インタビュー】すこやかキッズを育てる「ふれあい体操」

リーフレット

生活リズムと体温の関係や、「親子ふれあい体操」などについてリーフレットにまとめました。

【リーフレット】食べて、動いて、よく寝よう pdf

このページの先頭へ