体温を測るということこのページを印刷する

具体的な検温方法を解説する前に、まず、「体温を測る」とはどういうことかを説明します。

体温を測るということ

体温を測るとは、体内の温度を測るということを知っていましたか?
外気に接する皮膚表面は、季節や環境などによる外気温の影響を受けます。だから体温を測る場合は、外気に影響を受けにくい体内の温度を測る必要があります。

「えっ!どうやって体内の温度を測るの?」
そんなに難しいことではありません。
ワキの温度は「体の表面の温度」ですが、しっかり閉じることで体の内部の温度が反映されて温まります。それを測ればいいのです。
完全に温まった時の温度を平衡温(へいこうおん)と言います。平衡温に達するには、ワキを閉じてから、10分以上かかります。

※ワキの場合は10分、口の場合は5分かかります。この時間はあくまで測定部位が完全に温まるのに必要な時間で、体温計が温まる時間ではありません。
※体を極端に温めたり、冷やしたりしていた場合は、少し時間をおいてから測定して下さい。そして、測定する部位を外気から遮断して密閉し、必要な時間をかけて測定して下さい。

体温と健康について、知識を深めましょう

体温は、ご家庭にある体温計で誰でも気軽に測れるもっとも身近な体調チェックの手段です。

体温計の豆知識

体温計の豆知識

体温計の歴史や、測定方式、医療用と家庭用の違いをご存じですか? 体温計の豆知識

体温計製品情報

体温計製品情報

一般向け体温計の製品情報です。 体温計製品情報 新規ウインドウが開きます

体温計入門

このページの先頭へ