突発性発疹

公開日2021.08.30

※当コンテンツの内容は2021年7月時点の情報となります。

監修:草川功(聖路加国際病院 小児科 医長)

どんな病気?

突発性発疹は、ヒトヘルペスウイルスに感染することにより、突然高熱が出て、熱が下がった後、全身に小さな赤い発疹が現れる病気です。
原因となるウイルスは唾液を介して感染すると考えられています。母親から供給された免疫のはたらきがなくなる生後6カ月~2歳までに、ほとんどの乳幼児がかかる非常に発症頻度の高い感染症です。
重症化することはあまりないとされていますが、突然現れる高熱のため熱性けいれんを引き起こすケースがあります。しかし、熱性けいれんが生じても熱が下がれば症状は落ち着き、神経障害などの後遺症を残すことは少ないとされています。

熱性けいれんとは?

どんな症状?

高熱の割には機嫌が悪くなったり、食欲がなくなったりするケースは少ないとされています。発熱は通常3日ほどで自然に治まり、熱が下がった後に顔や腕、脚を中心に全身に赤い小さな発疹が散らばるように多数現れます。これらの発疹はかゆみや痛みなどは伴わず、3~4日ほどで跡を残すことなくきれいに消失します。

治療・ケア

特効薬はありませんが、自然と回復に向かう病気です。高熱を抑えるために、解熱剤が処方されることがあります。
高熱が出ているときは、衣類の枚数を少なくして過ごしやすいようにしてあげましょう。嫌がらなければ、タオルを巻いた保冷材で、首の横やワキの下、足の付け根などを冷やします。
入浴は体力を消耗するので、お湯を絞ったタオルで体を拭いてあげましょう。水分を十分にとることが大切です。

監修者紹介

草川功

聖路加国際大学・聖路加国際病院 臨床教授・小児科医長

総合病院小児科新生児、東京医科大学八王子医療センター小児科、国立小児病院麻酔集中治療科、米国ピッツバーグ小児病院麻酔科・呼吸生理研究室、東京医科大学病院新生児部門を経て現職。公益法人全国保育サービス協会会長、実践女子大学生活科学部非常勤講師など兼任。

草川先生
からのメッセージ
体温は、体調管理の上で最も用いられる指標の一つです。非接触型の体温計、耳の鼓膜温を測定する体温計、そして、昔ながらの腋窩で測定する体温計など、体温計は種類が豊富で、その目的に合ったものを選べば、誰にでも簡単に子どもの体温測定ができます。そして、その数値の変化を見るだけで、子どもの体調の変化を客観的に知ることができます。
ただし、ちょっとしたことで変化しやすい子どもの体温は、その基本を知っていなければ、不正確な体温測定になってしまい、余計な心配ばかりが増えることにもなりかねません。体温についての正しい知識を持ち、正確に体温を測定する方法を身につけ、是非、お子さんの健康管理に役立ててください。
カテゴリ
テーマ
キーワード
大切なあの人に伝えよう!