髄膜炎

公開日2021.08.30

※当コンテンツの内容は2021年7月時点の情報となります。

監修:草川功(聖路加国際病院 小児科 医長)

どんな病気?

髄膜炎は、脳や脊髄を包んでいる髄膜にウイルスや細菌が侵入して炎症を起こす病気で、赤ちゃんでも発症します。
ウイルスによって発症する無菌性髄膜炎は比較的症状は軽めで、後遺症を残すことはほとんどありません。しかし、細菌性髄膜炎は、発症すると命にかかわったり、手足の麻痺や難聴などの後遺症をもたらすことがあります。

どんな症状?

どちらの髄膜炎も、症状としては高熱が出て、頭痛が生じたり、嘔吐を繰り返したりします。首を持ち上げると痛がったり、意識障害(声をかけても反応しない、ウトウトして視線が定まらない状態)がみられる場合は、夜間・休日にかかわらず、至急受診しましょう。

治療・ケア

どちらも入院が必要です。無菌性髄膜炎は髄液を抜く治療で改善することが多いですが、細菌性髄膜炎では抗菌薬による点滴治療が行われます。
予防接種のHibワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンは髄膜炎を防ぐワクチンで、生後2カ月を過ぎたら、できるだけ早く接種を受けましょう。

監修者紹介

草川功

聖路加国際大学・聖路加国際病院 臨床教授・小児科医長

総合病院小児科新生児、東京医科大学八王子医療センター小児科、国立小児病院麻酔集中治療科、米国ピッツバーグ小児病院麻酔科・呼吸生理研究室、東京医科大学病院新生児部門を経て現職。公益法人全国保育サービス協会会長、実践女子大学生活科学部非常勤講師など兼任。

草川先生
からのメッセージ
体温は、体調管理の上で最も用いられる指標の一つです。非接触型の体温計、耳の鼓膜温を測定する体温計、そして、昔ながらの腋窩で測定する体温計など、体温計は種類が豊富で、その目的に合ったものを選べば、誰にでも簡単に子どもの体温測定ができます。そして、その数値の変化を見るだけで、子どもの体調の変化を客観的に知ることができます。
ただし、ちょっとしたことで変化しやすい子どもの体温は、その基本を知っていなければ、不正確な体温測定になってしまい、余計な心配ばかりが増えることにもなりかねません。体温についての正しい知識を持ち、正確に体温を測定する方法を身につけ、是非、お子さんの健康管理に役立ててください。
カテゴリ
テーマ
キーワード
大切なあの人に伝えよう!