おたふくかぜ

公開日2021.08.30

※当コンテンツの内容は2021年7月時点の情報となります。

監修:草川功(聖路加国際病院 小児科 医長)

どんな病気?

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)は、ムンプスウイルスに飛沫感染や接触感染することで引き起こされる病気です。
耳の下に位置し、唾液をつくる耳下腺(じかせん)に炎症が生じ、両側が腫れた場合におたふくのように見えることから「おたふくかぜ」と呼ばれます。発症した場合は、両側が腫れることが多いですが、片側のみしか腫れない場合もあります。
おたふくかぜは、保育所や幼稚園などで集団生活を開始したばかりの小児に多く見られ、6歳までの子どもが発症例の半数以上を占めるとされています。一度、感染すれば生涯の免疫が獲得されますが、中には成人になってから初めておたふくかぜにかかる人もいます。
予防接種の普及により、発症する子どもは非常に減っています。

どんな症状?

最初の1~3日はあごを動かすだけでも痛みます。通常は大きな合併症もなく、自然に治癒することが多い病気ですが、頭痛や吐き気を伴う髄膜炎の合併症は頻度が高く、ときに難聴などの原因になることがあります。難聴は発症すると治らないため、1歳を過ぎたら早く予防接種を受けることが大切です。

治療・ケア

特別な治療薬はなく、熱や痛みを抑える薬が出されます。高熱が出るので、脱水を起こさないように小まめな水分補給が大切です。食事はのどの刺激となるような熱いものや酸っぱいものは避け、のどごしのよいものを用意しましょう。

監修者紹介

草川功

聖路加国際大学・聖路加国際病院 臨床教授・小児科医長

総合病院小児科新生児、東京医科大学八王子医療センター小児科、国立小児病院麻酔集中治療科、米国ピッツバーグ小児病院麻酔科・呼吸生理研究室、東京医科大学病院新生児部門を経て現職。公益法人全国保育サービス協会会長、実践女子大学生活科学部非常勤講師など兼任。

草川先生
からのメッセージ
体温は、体調管理の上で最も用いられる指標の一つです。非接触型の体温計、耳の鼓膜温を測定する体温計、そして、昔ながらの腋窩で測定する体温計など、体温計は種類が豊富で、その目的に合ったものを選べば、誰にでも簡単に子どもの体温測定ができます。そして、その数値の変化を見るだけで、子どもの体調の変化を客観的に知ることができます。
ただし、ちょっとしたことで変化しやすい子どもの体温は、その基本を知っていなければ、不正確な体温測定になってしまい、余計な心配ばかりが増えることにもなりかねません。体温についての正しい知識を持ち、正確に体温を測定する方法を身につけ、是非、お子さんの健康管理に役立ててください。
カテゴリ
テーマ
キーワード
大切なあの人に伝えよう!